ボトックス注射は多汗症の症状を抑えることができます

多汗症の悩みが解消された

ボトックス注射ボトックス注射について

最初は半信半疑ではありましたが、今日も汗をかくのではないかと感じながら電車に乗ったとき、汗をかくこともなく会社に行くことができたときには驚きました。
昨日までは片方の手を乾かしながら、つり革につかまっていたものが片側の手だけで最寄り駅まで行くことができたことは自信にも繋がる部分でした。
ボトックス注射は美容形成外科や美容皮膚科などの医療機関で施術を受けることができるようになっているのですが、自由診療に分類されているため費用は全額負担が必要です。
3か月から半年程度しか持続しないので、効果が薄れたときには同じ病院で注射をして貰うことになる、その都度費用が必要になりますが効果が続く間は安心できるなどのメリットもあります。
最初は3か月程度しか持続効果がなかったのですが、2度目からは持続効果が長くなり1年ほど経過したときには半年くらい持つようになりました。
さらに、何度もボトックス注射をしているとその期間も長くなり9か月間多汗症の悩みを感じることなく生活を送れるようになるなど、続けていると持続効果も長くなるものだと感じました。
現在は、ボトックス注射をすることなく生活を送っているのですが、これはボトックスの成分により体質が改善されたのではないかと思っていたのですが、通っていた美容皮膚科の先生の話によると薬剤の効果が自分への自信をつけてくれた、精神的なもので発汗作用が促されたもので、自分に自信がついたので精神発汗も納まったのではないかといわれてます。

汗っかきなことが悩み多汗症の解消のためにボトックス注射を受けた多汗症の悩みが解消された